日本社会人アメリカンフットボール Xリーグの日本一決定戦である『JAPAN X BOWL』
その第28回大会に、弊社が応援サポートしております【IBM BIGBLUE】の初進出が決定致しました!!

前節、LIXILディアーズに勝って、IBM BIGBLUEとして、チーム初の自力で駒を進めた準決勝。 ところが、その準決勝戦の相手もまさかのLIXILディアーズとの再戦。

その、非常に稀有な戦いについて、バイスキャプテンを務めたホグレルアスリートの國方選手(#97 LBラインバッカ-)に心境を伺いました。

                           (インタビュー:弊社IBM担当 小野寺)

 - 壮絶な撃ち合い戦を制して、創部初のJAPAN X BOWL進出となりましたが、2戦連続でLIXILディアーズと戦った感想はいかがでしたでしょうか?

プロフィール

國方 雄大選手(以下、K): 「同じ相手に2回連続で勝つというのは、奇跡ですね(笑)
負けた方が修正がしやすいんですよ。出来なかったことを出来るように修正すれば良いだけなんで。 ただ、勝った方というのは、修正する部分が少ないですからね・・・」



小野寺(以下、O):そうですよね。上手く行ったから勝てたんですもんね(笑)
では、再び勝てた勝因はなんでしたか?



K:「準決勝戦は、本当にチームの全員が満遍なく活躍できたのが勝因ですかね。
ホグレルメンバーで言えば、キッカーの小田倉も凄く良いパントを蹴っていたし、スナッパーの渡辺のスナップも安定していたし、 ワイドレシーバーの瀧も良いパスキャッチしてましたからね!」



O:本当にそうでした!
なんと言っても、チームの雰囲気がとっても良さそうでしたしね!


K:「はい!やっていても楽しかったです!」

O:そして、本当に嬉しい、嬉しい、JAPAN X BOWLの進出!!
改めて、おめでとうございます!!


K:「ありがとうございます!!」


O:ずっと皆が“行きたい”と口にしていたJAPAN X BOWL。本当によく頑張って辿り着きましたね。

K:「そうですね。この“創部初進出”って付く時と言うのは一回きりなんで。
このタイミングでJAPAN X BOWL に進出出来たことが嬉しいですね!」



O:本当にそうですね!!そう考えると益々感慨深いものがありますね!!
自力での準決勝進出も初でしたのに、決勝まで駆け上がって行くだなんて・・・



K:「はい。JAPAN X BOWLは、ドームが満員になるくらい席が埋まるので、 今までの試合とは全く雰囲気が変わりますよ。
ワンプレー毎に地鳴りのような歓声が沸くくらい盛り上がりますので、本当に皆さんに観て頂きたいです。」


O:そうなんですね!!楽しみで仕方ないです!!


 - では、改めて JAPAN X BOWL への意気込みをお願いします!

プロフィール

K:いつもBIGBLUEを応援頂きありがとうございます。

11月30日のXリーグFINAL4でLIXIL DEERSに勝利し、決勝であるJAPAN X BOWLへ駒を進める事ができました。

これはIBM BIG BLUE創部初となります。

相手は過去何度もJAPAN Xに進出している強豪富士通です。
First stageでは、BIGBLUEは富士通に完敗しておりますし、現時点での力は彼らの方が上だと思いますが、
力の差を跳ね返し試合に勝つことが出来るのがアメフトの醍醐味でもあります。

強いチームが勝つのではない、勝ったチームが強いのである、

という言葉があるように、自分たちの力をもう一度見つめ直し謙虚にガムシャラに立ち向かいたいと思います。
試合終了の笛がなる瞬間までBIGBLUEらしいフットボールをし続ける事をお約束します。

そして、必ずや試合に勝利し日本一になります。

当日は、ぜひ皆様の応援で東京ドームをいっぱいにしましょう!!
応援よろしくお願いします!!



IBM BIGBLUEは、昨年度の総合成績は6位でした。
そして今シーズン、準決勝へ進出が決まった時には“本当によくここまで頑張って勝ち進んで来たな”と感激して胸がいっぱいでした。 それが、更に勝って総合2位で決勝に進出という結果を出したこと。これは本当に素晴らしい事です。 彼らの歴史的快挙の瞬間にサポーターとして携われたこと、また一ファンとして立ち会えたことにとても感謝をしています。

それでも、まだ彼らの夢の途中です。
悲願の日本一へステップを駆け上がった彼らの快進撃はまだまだ続きます。

日本一と言う夢を、“叶える為の目標” として直向きに戦う彼らの背中を、皆様の熱き声援で支えて頂きたいと思います。 JAPAN X BOWL は、

12月15日(月) 19:00 KICK OFF です!!

ぜひ、東京ドームで一緒に応援しましょう!


GO! BIG BLUE!!