選手トップ画像
プロフ画像
《プロフィール》
1981年8月11日生まれ 東京都世田谷区出身 身長185cm 体重88kg
東京農業大学第一高校を卒業後、総合学園ヒューマンアカデミー東京校に進学。
卒業後、自由が丘産能短期大学に進学。卒業後、大分ヒートデビルズに入団。
その後、2012年東京サンレーヴスに移籍。

今回ご紹介するホグレルアスリートは、プロバスケットボールリーグTKbjリーグ
【東京サンレーヴス】に所属している♯31 師玉 祐一(シダマ ユウイチ)選手です。                          (取材:マザー小野寺)

【師玉選手インタビュー】

マザー いきなりですが・・・やっぱり背が大きいですね(笑)
昔からそんなに大きかったのでしょうか?(師玉選手は185cm)

師玉選手 デカかったですよ。高校に入った時には180cmありましたね。

マザー おおっ!女子にキャーキャー言われる感じですね(笑)

師玉選手 ないない(笑) 180cm位じゃ全然大きくないですし。190cmないと。

マザー そうですか?普通にしていたら大きいと思うんですけど・・・。でも、確かにチームにいらっしゃる外国人選手とかは2m前後あるので、 あの中に入っていると決して大きくは見えないですけどね。それだけのサイズとなると、やっぱり食欲も旺盛なんでしょうか?

師玉選手 うーん・・・高校生の頃よりは食べなくなりましたけどね。お米2合とかなら、あれば一回で食べられますよ(笑)

マザー 33歳で!?わんぱくーっ!!(笑)
~ 驚くべき経歴 ~
マザー さて、そんなわんぱくな師玉選手にインタビューですが(笑)

師玉選手 あ、始まってるんですか?

マザー ハイ、既に始まっております(笑) 師玉選手はかなり興味の沸くプロフィールをお持ちなんですよね♪

師玉選手 何一つ輝かしい戦績なんか無いですから(笑)

マザー いやいや!輝かしくなくていいんです!むしろ、29歳でプロ選手になった経緯の方が興味ありますから!! プロになるまで何をしていらしたのでしょうか?

師玉選手 ずっとバスケットはしてましたよ(笑)

マザー あ、そうなんですか(笑)
選手画像1
選手画像2

師玉選手 アメリカに行こうかなと思っていたんですけど、その時にTKbjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)が出来るって聞いて、 それならそこを目指してみようかなって。それが23歳位の時かな?で、そこから足掛け6年位か・・・

マザー えっ!その6年間はどうしていたんですか??

師玉選手 その間もバスケットはしてましたよ(笑) クラブチームでバスケットしながら働いて・・・。
でも26歳で専門学校に入っていた間の空白の2年間があるんですけど。

マザー 弊社スタッフの川畑と同じ、スポーツトレーナー養成の専門学校ですよね。

師玉選手 そうです。(TKbjリーグが出来て)最初の3年で何処にも引っ掛からなかったし、膝も痛かったし・・・。 裏方に回ろうかなって思って専門学校に入ったんです。だけど、勉強してトレーニングの知識がついてきて、現場とかに行くようになったら体がまた動くようになって来て。 それでまた、もう一回頑張ってみようかなって思ったら、上手くチャンスが廻って来ました。

マザー へぇーーーーーっ!!

~ まさかの、1年に2回の手術 ~

マザー でも、プロになってからの2011年3月に膝(前十字靭帯損傷)を手術してらっしゃるんですよね?

師玉選手 はい。1回目の手術では、ハムストリングスの筋肉を持ってきて再建手術をしたんですが、 術後7ヵ月目に本格的なトレーニングを再開して、もうそろそろバスケに復帰しようと思っていた頃に、一度は契約を切られてしまった 大分のチームから「もう一度様子を見て、出来そうだったらチャンスをあげよう」と練習に呼んでもらえたんです。 それで2日間の日程で参加しに大分へ行ったら、練習参加の2日目にしてそこでまた膝の靭帯が切れちゃって・・・

マザー えぇっ!?

師玉選手 練習終わったときは痛くは無かったけど「やっちゃったかも」って感じはあったので、 東京に帰って来てから検査しに行ったら、やっぱり切れていて。その場で再手術の日取りを決めましたね。

マザー ・・・。

師玉選手 切ないでしょ?

マザー 切なさすぎるでしょ(涙)

師玉選手 それが12月だったので、1年の間に2回手術を受ける事になってしまいました。 そこからまたリハビリの日々で、結局その後は夏までバスケが出来なくなってしまいました。

マザー 辛過ぎますね・・・

師玉選手 はい。なかなかすぐには筋力が戻らなくてジャンプが出来なかったりとか、 同じことの繰り返しのリハビリとかは本当に辛かったですし、バスケが出来ないことが何より辛かったですね。

マザー リハビリはどれ位やったんですか?

師玉選手 毎回地味な筋トレを3時間くらい。それを週3~4日で半年間やったんですけど、 それがまさか1年で2回も同じことをやることになるとは思わなかったので。

マザー そりゃそうですよね。

師玉選手 復帰1年目は膝の不安があったので、ガチガチのサポーターをして恐々プレーしていた感じでしたね。 意識しなくなるまで1年半くらい掛かりました。

~ 怪我からの復帰 ~
マザー よくその状態から脱却して、プロを続けられましたね。

師玉選手 うーん・・・せっかくプロになったんだし、あそこ(プロ選手契約)まで辿り着けるってことは分かったから、 リハビリさえしっかりやれば続けられるだろうと思って。

マザー でもプロって難しいですよね?

師玉選手 難しいですね。

マザー なりたくてなれる世界じゃないでしょうし、やりたくてもやれなかったりするでしょうし。

師玉選手 そうですね。僕の周りにもやりたくてもやれない人も、プロを目指していても入れない人も沢山います。 だからこそ後悔しない為に、自分でチームを探して復帰しました。

マザー それで現所属の東京サンレーヴスに入れたんですか?

選手画像1
選手画像2
師玉選手 2012年の9月から練習生として参加させてもらって、そのシーズンの残り半分から選手契約しました。

マザー そもそも29歳からプロ選手になるって言うだけでもかなり凄いと思いますが、 2度の大怪我からの復帰もよくやりましたね。本当に凄いことだと思いますよ。

師玉選手 いやぁ、往生際が悪い方が最後は勝つんですよ(笑)  あとは、ちょっとの我慢と、決して諦めないことが大事だと思います。

マザー 本当にそうですよ!!とことん往生際が悪いところまでやって欲しいです。 そして、そう言う簡単に諦めない精神を、特にお若い方々にも見習ってもらいたいなって心から思います!!

師玉選手 もう既に相当往生際は悪いですけど(笑) 自分が納得できるところまでとことんやりたいなと思います。 今シーズンの自分が置かれている状況も決して望んでいるものではないですけど、そこで腐ってしまったら終わりなんで。 シーズンも残り2ヶ月をきってしまいましたけど、ファンの皆さんも含め、応援してくれる人たちのためにも今出来ることを 精一杯やろうと常に思って行動しています。

マザー そうなんですよ!例えベンチに居たとしても、師玉選手の試合に立ち向かう姿勢は 素晴らしいなと心底感じておりますので。次回その辺のお話も含め、同チームに所属する ♯2 栗原選手をお呼び致しまして、 師玉選手との対談形式でファンの方たちへの思いや、トレーニングについてのお話や、プロ選手としての心情を、もう少し深く 掘り下げてお伺いさせて頂きたいと思っておりますので、宜しくお願い致します!

師玉選手 はい!宜しくお願いします。

マザー 師玉選手、お忙しい中ありがとうございました!次回の対談も是非お楽しみに!!