新田選手&斯波選手
プロフ画像
《新田佳浩 選手 プロフィール》

1980年6月8日生まれ 岡山県英田群西粟倉村出身
ノルディックスキー選手 日立ソリューションズスキー部所属
種目:クロスカントリー、バイアスロン
冬季パラリンピック5大会に連続出場

2002年 ソルトレイクシティ クロスカントリースキー5kmクラシカル 銅メダル
2010年 バンクーバー クロスカントリースキー10kmクラシカル立位 金メダル
クロスカントリースキー1kmスプリント立位 金メダル
2014年 ソチ クロスカントリースキー20kmクラシカル立位 4位
《斯波正樹 選手 プロフィール》

1986年4月26日生まれ 山形県山形市出身
全日本スキー連盟 スノーボードアルペン 強化指定選手

2001年 ISF Junior World Champs in Italy PGS 優勝
2010年 FIS 全日本選手権 PGS 優勝
2014年 W杯団体 モンタフォン(オーストリア) 3位
2015年 ヨーロッパカップ ログラ(スロベニア) 2位
2015年 ヨーロッパカップ ラチングス(イタリア) 4位
2015年 FISレース 札幌(日本) 1位
プロフ画像

世界と戦う日本のトップ・ウィンタースポーツ選手同士!!
と言えども初顔合わせのお二人の登場です!!
(取材:マザー小野寺)


~ ホグレルとトレーニング ~

新田選手 なんでホグレルに通おうと思ったの?

マザー そこ!? 急に聞いてくれちゃうんですか(笑)

斯波選手 えっと・・・トレーニングを積んで筋肉量は上がってるんだけど全然動けなくなっているなって感じてて、 スノーボードの先輩がホグレルやって良いって言っていたのを聞いていたので紹介してもらいました。でも僕の実家は山形だから、 東京に出て来たときしか出来なくて。山形でもやりたい!欲しい!と思って、マシンを購入したんです。

斯波選手1
斯波 正樹 選手
新田選手 へぇーっ!!

マザー で、7台ご購入頂きまして(笑)

新田選手 へぇーっ!!

斯波選手 で、去年の夏から相原さん(弊社営業マン)にトレーニングのアドバイスを貰うようになって、 ホグレルをもっと有効活用できるようになったんですよ。

新田選手 自分自身、身体が硬いなって感覚があって必要だなって思いがあったの?

斯波選手2
斯波選手 いや、それはもう!!(笑) ウエイトし始めて“コレで強くなれるんだ!!”って思いながらトレーニングするじゃないですか。

新田選手 するする!

斯波選手 だけど、スノーボードのトレーニングの合間に、チームメートとサッカーしようって皆でやったときに身体が重過ぎて動けなくて、 足がグキッ!みたいに捻ったりして。僕はもともとサッカーをやっていて、その頃はすばしっこく動けてたのに・・・。

マザー 確かにかなり筋量もありますものね・・・

新田選手1
新田 佳浩 選手
斯波選手 でもホグレルを始めてからまたすばしっこくなってきました!身体の動きが滑らかになったり、 力の抜きどころを覚えてきて、リラックスしながら身体が使えるようになったりとか段々出来るようになってきて。僕には必要ですね。

新田選手 僕もパワーが足りないと思ってウエイトを凄いやっていて、数値的に見たら筋パワーはかなり上がっていたんだけど・・・。 バンクーバーで金メダルを取った後、30歳を越えた辺りからガクガクって身体が悲鳴を上げたって言うか。おかしいなって疑問に思いながら、何かしないといけないけど、 今までと同じことをしていても仕方無いなって思っていたときにホグレルを紹介してもらって。

新田選手2
斯波選手 良く変わって来てますか?

新田選手 うん!最初は股関節周りがすごく硬くて苦痛でしかなかったけど(笑)

マザー でしたね・・・(笑)

新田選手 左右がアンバランスだから腰痛になりやすかったのが変わってきたなっていうのと、 筋力も最低限必要だと思うけど、今ある筋力を最大限活かせるようになってきたかなって。

マザー それ、個人的には一番感じて欲しいところですね!

新田選手 あと、30歳を超えて来たら硬くなってくると言うか、 スジ張ってくるイメージっていうのかな?そのスジを取ってあげるって事に時間を費やさないと。 筋力トレーニングをやって組織が収縮されていた部分をしっかり伸ばさないとなって感じていて、 動きの中で可動域を広げるって言うのを意識してやっているかな。

マザー スジっぽくなる感覚って分かりますね。プリップリのモモ肉から、 パサッパサのササミ肉になるような感じと言いますか。

新田選手 おじいちゃんや、おばあちゃんは何で動きにくい身体になっていくのかな?って考えてみたら、 そっちの方向に自分が年々向かってるんだからさ(笑)でも、ホグレルスペースに来ている会員さんってみんなすごく元気だから、 その姿を見ていてもホグレルやった方が絶対に良いなって思うしね!

マザー 確かに。かなり元気な会員さまが多いですからね(笑)

新田選手 先日、ホグレルスペースにトレーニングへ行った時にたまたまプロサッカー選手も来ていて、 トレーニングとか身体の使い方とか色んな話をしたんだけど、 骨盤周りと肩甲骨の二つが自由に動かせる身体を作っておくことって色んな競技にも共通してるのかなって感じたかな。

マザー 確かにそうですね。マシンを使いこなしている斯波選手はどうですか?

斯波選手 最近僕は、呼吸を意識した横隔膜のトレーニングとか新しいケアの方法を取り入れることによって、 身体の中の意識が繊細になって変わってきたので、背骨の一つ一つが動かしかけられてそうな感じがしています(笑)

マザー へー!?

斯波選手 ホグレルをやる時も今まではガンガン!って大きな動きになりがちだったんだけど、 最近は、動きは小さくなるけどもっと中の方から動かしていく・・・みたいな、色んな使い方を編み出していっている感じです(笑) 効率が良くて、効き目のあることを探しながらやっていて(笑)

新田選手 確かに。動作に関しては細かい指示はあるけど、なかなか外で呼吸法とか教えてくれないでしょ。 意外に大切だなって僕も思ってるんだけど。 海外では凄い呼吸を意識しながらトレーニングをするっていうのを大切にしているのかなって感じたことがあって。 そういう情報って意外に選手の方が知ってることってあるもんね。

斯波選手 ほぼ選手の感覚の方がみんな良いものを持ってると思うんだけど、それに周りが追い付けていない感じがあって。

マザー それは分かりますね。特定のトレーニングや治療を仕事にしているとそれだけが良いと考えてしまったり・・・。 研究機関の人も多いと思うんですけど、数値で表せないことは対象外という感じで試すことも少なかったりしているんじゃないかと思うことはありますね。

新田選手、斯波選手、弊社向川
左から 弊社代表 向川是吉・斯波選手・新田選手
新田選手 選手は自分に何が足りないかって調べてきて色んな物をやっていくから、 どんどん新しいことを試さないと物足りないというか。そういう意味で選手って貪欲にならないと勝てないし、 1、2年なら残れるかも知れないけど長く競技をやっていく上では常に色んなことを考えてやっていかないと。 ホグレルスペースはその辺、社員がホグレルをやることによってどう変わって行ったかって言うのを可視化する為に姿勢を評価したりとか、色んなことを変えたり工夫してるよね?

マザー 急に褒められちゃいましたね!ありがとうございます(笑)

斯波選手 だけどそれって一番難しいですよね。 スポーツ選手だとフィーリングが変わったからコレ良いんだ!ってすぐに分かるけど、お客さんになるとすごく難しいですよね。 じゃ、どう変わるの?みたいな。

マザー そうなんですよ!日常動作で気付いてもらうってすごく難しいです(笑)

新田選手 でも、ちょっとでも改善したんだ!って、良いなって思ったら続けるでしょ? 特にスポーツ選手はけっこうシビアに見てるよね。方向というかベクトルが合ってないと選手って離れていくだろうし。


~ メンタルと信頼関係 ~


マザー そうでしょうね。お二人はどの変でベクトルが合ってないなって感じることがありますか?

斯波選手 メンタルトレーニングとか、やっぱり数値化できないところの部分は大きいかな。 本当にやってきたことで心が強くなるし、ホグレルも含めてだけど、物理的にトレーニングでやっていることが正しいと、 心が安定してくるなって思うんです。

新田選手 安定してくるよね。

斯波選手 筋肉とか骨の位置が安定してきて身体が安定してくるから、思考も変わってきて、 心もより安定してくると思うんですよ。

新田選手 あぁ、分かる。心技体の心って最初に来るし一番重要なのかもしれないけど、 それはやってきた事で心が強くなっていくのであって、教えてもらうことではないと思うんですよね。

斯波選手 僕も思うんですけど、世界のトップを目指してるんだから、全部数値で表さなくてもいいと思うんです。

マザー 逆に言うと、表せませんよね?世界一のことなんて。前例が無いから世界で一番な訳ですものね。

斯波選手 ちゃんと勉強してきている研究者でも、 トップの方に行くと第六感的というか数値で表せない部分もちゃんと受け入れているんだなって思うんです。 ホグレルだって見えないところが動いて数値化するのはめっちゃ難しいけど、だけど良いじゃないですか。

新田選手 僕はコーチとの信頼関係があればそこでメンタルの問題ってほとんど解決すると思っていて。 僕は今のコーチと毎日連絡取り合って話し合ってるんだけど・・・この人と一緒に心中しても良いかなって。

マザー すごい信頼関係ですね!!

新田選手 そこまで信頼していると結果に対して自分自身にも責任が持てるし、 ダメであってもお互い納得した上で大会を始めて終われると思うんだよね。それだけの準備をして、そういう関係がどれだけ築けるかなんだと思う。 研究も勿論大事だし、データとして蓄積していけば変わる物もあると思うけど、小手先だけじゃない、信頼できる人と自分のやりたいことをやって、 自分で責任取れた方が選手としてもスッキリだし良いと思うから。

斯波選手 そっちの方が絶対力が出ると思う!僕も昨シーズン中盤から新しいコーチが入ってくれて。 そのコーチが入ってくれなかったら成績も上がってこなかったと思うんですけど、まぁまぁ良いシーズンで終われたんですよ。 信頼関係が一番大事で、滑りの事も的確だし、選手の性格も見てくれてアプローチの仕方を変えて接したりしてくれるので、 もっと一緒にやりたいって思っていたので、今から来シーズンが凄い楽しみなんです!!

マザー わぁ!信頼できる方に出会えて良かったですね!!来シーズンの戦績も益々楽しみですね(笑)

という訳で、熱く熱ーくトレーニングについて語り合って頂きました!

後編は、スポーツ業界や、日本人選手のことなど、

今後の日本スポーツ全体の発展に向けて更なる熱いトークを繰り広げて頂いておりますので

是非お楽しみに!!