トップ画像
金川選手プロフ
《金川武司 選手 プロフィール》
2009年 全日本選手権優勝
2011年 関東フットサルリーグ ベスト5受賞
フットサル東京都選抜

関東フットサルリーグの常勝チーム、フウガドールすみだのキャプテンを務める。 豊富な運動量と高い決定力で攻守に渡ってチームに欠かせない選手。 持ち前のキャラクターでムードメーカーとしてチーム明るい雰囲気を牽引している。

元ホグレルスペース人気トレーナーでもある。
《小田倉彦 選手 プロフィール》
2014年 日本社会人アメリカンフットボールリーグ
(通称 Xリーグ) 準優勝
IBM Big Blue所属 No.8 ポジション:キッカー

今シーズンはバイスキャプテンを務める。

※IBM Big Blue
IBM Big Blue(アイ・ビー・エム ビッグブルー)は、アメリカンフットボール・XリーグI部所属のチーム。 年によって東地区(EASTディビジョン)あるいは中部地区(CENTRALディビジョン)に属する。練習場所は八千代グラウンド。
小田倉選手プロフ

今回は、日本フットサルFリーグ【フウガドールすみだ所属】の金川選手と日本社会人アメリカンフットボールXリーグ 【IBM BIGBLUE所属】のキッカー小田倉選手とのスペシャルキック対談です!!
(取材 マザー小野寺)


~ 繰返しを極めるキッカー ~

マザー 金川選手は昨日、一昨日と試合をして来てお疲れのところ、 本日はキックチャレンジまでして頂きまして・・・。 大丈夫でしたか?

金川選手 今日はリカバリーの日だったんで大丈夫です!

小田倉選手 リカバリーになりましたか?

金川選手 いやー、キックチャレンジは本当に気持ち良かったです!気持ち的なリカバリーになりました(笑)

【動画】キックチャレンジ
マザー 楽しかったですものね(笑)さて、お二人は今日が初対面なのでお聞きしたいことが沢山あるかと思うのですが、 先ず金川選手から小田倉選手への質問はありますか?

金川選手 日本だとなかなか子供の頃から触れ合う機会のないスポーツだったんで、 いつ頃どう言うきっかけでアメフトを始めたのか気になっていたんですよ。

小田倉選手 高校生のときに留学していた時期があって、 アメリカの文化に触れようと思ってアメフトの試合を観に行ったんですよ。 それまでアメリカ人があれだけ熱狂する訳の分からないスポーツだと思っていたんですけど、色々教えてもらって3、4回観に行ったらハマって。 それで日本に帰って来て大学に入ったらたまたま勧誘されて、「あ、やってみようかな」って始めました。

金川選手 大学生からアメフトを始めたんですか。

金川選手・小田倉選手
(左) 金川選手 (右) 小田倉選手
小田倉選手 高校生から始めている選手も居ますけど、大学から始める人も結構居るんですよ。 アメフトってずっとやって来た人だけが活躍するスポーツではないですし。サッカーやってた僕がキッカーをやっていたり、 相撲やっていた人がオフェンスラインになったり、バスケットやっていた人がワイドレシーバーになったりとか本当に色々なんですよね。 大学から始めても日本代表になっている人も居ますし、マイナーだからこそなのかも知れないですけど、非常に可能性を感じると言うのもありましたね。

金川選手 なるほど。そう言う事だったんですね。では、練習で心掛けている事はありますか? 皆で練習と言うよりは、すごく専門的なところとか、メンタル的なところとかをどうしているのかなっ

て。僕らフットサルも似ている所があって、ポジションごとの個人練習も結構するんですよ。でも、 それ以上に練習がより難しいんじゃないかなって思うのですが。

マザー 小田倉選手はポジション練習になると、かなり長い時間お一人でトレーニングする事になっちゃうんですよね。

小田倉選手 本当にみんなと違うんですよ。一番大事な練習は、 ボールを投げる人(ロングスナッパー)と置いてくれる人(ホルダー)と一緒に合わせるって事だと思うんですけど、 それ以上にその日の自分の体調で振りのスピードが違うとか、それによって飛ぶ方向が全然違うので。 そう言う日はどういう風にボールの角度を変えるのか、どっちに倒すのかとか・・・、ボールの傾きが1度違うだけでも全然変わるから、 色んなことを試したり工夫して、頭に入れて覚えておくようにしています。

金川選手 凄いですよね。繰り返しなんだけどそれを極めていかなきゃいけない中に、 逆にキッカーの難しさがあるんじゃないかなって思います。 アメフトの中でキッカーってスポットライトがその人にしか当たらない瞬間で蹴るなんて“スゴイ!”と思ったので、 何でキッカーのポジションを選んだのか興味があって今回ぜひ対談させてもらいたいってお願いしたんですよ。

小田倉選手
小田倉選手 キッカーになったきっかけは、正直たまたまなんです(笑) 大学3回生のときも留学しなきゃならなくて1年間チームを離れてしまったので、戻って来た時に「どうやってチームに貢献できるの?」って言われて。 その時チームにキッカーが居なかったので“コレじゃないと可能性無いしな”って思って「僕にキッカーをやらせてください!」って言って自分を追い込みつつ、 やり始めたんです。

マザー そう言うきっかけだったんですね!

小田倉選手 それで半年くらいやったんです。とにかく“決めるように、決めるように”だけ考えて。 だけど蹴り方とか考えなくてもある程度までは出来るんですけど、飽きちゃって限界だなって思って社会人ではやるつもり無かったんです。 でも、IBM BIGBLUEのヘッドコーチに声を掛けてもらって結局やる事にしたんですよ。 それで、どうせやるならちゃんと考えながらやろうかなって身体の使い方とか考え始めて。 ちょっと変えるだけで球の跳び方が全然違うんです。考えながらやるようになってから色々な組み合わせを試しているんで、毎年蹴り方が変わっていますね。


~ 仕事と競技の両立 ~

金川選手 仕事との両立もどうしているんですか? その辺の環境は僕らFリーグもXリーグも似てるようなところがあるのかなって思うんですけど。全員プロ選手っていうチームはあるんですか?

小田倉選手 全員プロチームって言うのは無いですけど、実業団のチームはあるので練習量は違うかなと思います。 我々は土日しか練習出来ないので。

金川選手 フットサルは名古屋のチームが全員プロ契約で、練習量が全く違うんですよね。 Fリーグが出来てからずっと優勝していますし・・・。

小田倉選手 でも、そう言うチームに勝つのって良いですよね!?

金川選手 そうなんですよ!2009年の全日本選手権でFリーグのチームを全部倒して 優勝した時なんかはすごい面白かったです!!だけど、リーグ戦になると疲労の抜き方とかが全く違うので・・・。

小田倉選手 それは全然違いますよね。

マザー リーグ戦は年間で何試合くらいあるんですか?

小田倉選手 アメフトは勝ち進んで行っても10試合ですね。

金川選手 フットサルは年間40試合くらいあって、北海道から大分まで移動があるんです。

マザー 移動が入るとキツイですよね!それってサラリーマン選手も含めてシーズン中の練習等はどうしているんですか?

金川選手 みんなが仕事終わって来れる時間で・・・ってなるので、平日は練習時間が21時スタートとか。 23時に終わって帰って寝て会社行って、土日は試合・・・って感じですね。

小田倉選手 それ厳しい!エグいですわ・・・(笑)

金川選手 体力的には結構ヤバイですけど、基本Fリーグは他のチームもそんな感じだと思うんで(笑)

マザー 全員がプロじゃないとそうなっちゃうんでしょうね・・・

金川選手 それでうちのチームに関しては、フットサルの選手としては全員無給なんで。試合に20人位で移動したりするので、 年間の維持費だけでかなり掛かるんですよ。

マザー ええええー!!一応自己資金は持ち出さないで済んでいるけど・・・って所でしょうか?

金川選手 そうです。そうです。スポンサーさんとスクールで賄っています。 でも、IBM BIGBLUEの皆さんも同じ感じですよね?社会人として働きながら競技続けて・・・って。

小田倉選手 まあそうですね。防具なんかも自分たちで買って揃えていますし、 みんな社会人なので自分でどうにか時間を作ってトレーニングするしかないですからね。

金川選手 どこの仕事先も、「競技やっているから仕事休ませて下さい!」なんて言っても出来ないじゃないですか。 でも最近フウガでは、スポンサーさんの企業に働かせて貰ってる選手も増えて来たので、練習には間に合うくらいで上がらせてもらったりしてバックアップしてもらってますね。

マザー でも、フットサルは試合の移動が本当にキツイですよね?

小田倉選手 それに平日も毎日練習じゃ身体休まないじゃないですか?

金川選手・小田倉選手・向川代表
金川選手 ハイ。オフも一ヶ月くらいしかないんですよ。日本代表の活動もあるので。

マザー 本当に今回対談やる事になって、多忙の余りスケジュール調整が全然出来なくてビックリしました(笑)

金川選手 そうなんですよ。嫁いて子供いて稼がなきゃならないんで(笑) 今日の午前中もフットサルのクリニックをやって来たんですよ!

小田倉選手 ホームページに「今日のコーチは金川選手です!」って書いてありましたもんね(笑)

金川選手 そうなんです。僕らが小さい時はフットサルって言うのは無かったんですけど少しずつ広まってきて、 誰しも楽しめるようなスポーツって感じになって来たのかなって思います。

マザー 小田倉選手はフットサルはやったこと無いですか?

小田倉選手 小学生の時に5対5でサッカーをやったりはしていましたけど。

金川選手 相当凄いキックすると思いますよ! 来年辺りは第2弾でフットサル場で対談とキック対決やるって言うのはどうですか?

小田倉選手 良いですね!やりたいです!!

金川選手 相当跳ぶと思いますよ!あれだけキレイなフォームでキック出来るので、 パワーあるしフットサルでも良い武器になると思いますよ!

マザー でも、全然ボール違いますよね?ちっちゃいし、弾まないし・・・

金川選手 ちっちゃいですね・・・(笑)後は、常に敵が物凄い近いので、つま先で蹴るトウキックとか、 足の裏でトラップして次のプレーしやすいように技術練習することが多いですね。

マザー コートも小さいからずっと動いていなきゃいけないので大変ですよね?

金川選手 そうです。一人サボるとすぐやられちゃうので。だから試合でも3分位ずつで交代したりして、 ずっとグルグルとメンバーを回して出る感じですね。

小田倉選手 それを2日連続でやるんですもんね。持久力と言うより乳酸系ですね・・・

金川選手 そうなんです。終わったらヘトヘトですよ。

マザー いくつくらいまで現役選手っているんですか?

金川選手 基本走れないとキツイので、僕で(33歳)かなり上ですね。フウガで平均年齢24・5歳ですかね。

小田倉選手 チームに入るのにセレクションがあるんですか?

金川選手 セレクションじゃなくて下部組織があるので、先ずはそこにトライアウトを受けてもらう感じです。 その下部組織から良ければ上のチームに上がって来るので、毎週12名の試合メンバーに選ばれるようにチーム内での戦いが続くんですよ。

マザー ええっ!怖い!シーズン前に登録したら決まりじゃないんですか?

金川選手 チームでの登録は20人しているんですけど、実際試合のスタメンに選ばれるのは12人なので、 毎週その12枚の切符を得るのに先ずは戦いですよ!毎日胃が痛いです(笑)

金川選手
マザー シビアですねぇ・・・。アメフトはシーズン前に登録したらそれでずっと行くので、 シーズン前に胃がキリキリですものね。

小田倉選手 皆はそうですね。僕はキッカーが1人なので無いですけど(笑)

金川選手 でもそれって、小田倉選手が勝ち取ったものですもんね。

小田倉選手 僕はもう試合でどれだけ結果が残せるかでハッキリしているので。 去年は割と良かったので「今年は新しいキッカー採らなくて良いや」って思ってもらえたんだと思います。

マザー 去年、東京ドームに行きましたからね!!
(※社会人アメリカンフットボール決勝戦)


と言う訳で、社会人としてみっちり働きながら、競技者としてもトップクラスでご活躍を続けるお二人の対談前半でした。

後半では、どちらかと言えばマイナー競技(・・・ごめんなさい) に属してしまうフットサルとアメフトをどう広めて行ったら良いのかなど、お二人の活動についてお聞きして参りましたので、是非お楽しみに!! (マザー小野寺)