• ホーム>
  • ブログ最新記事一覧>
  • 【日刊スポーツ 記事掲載】日本ハムファイターズ 近藤健介 選手の自宅へ「ネバータイトハム」含め、Sシリーズ5台を設置
(記事の画像は、北海道日刊スポーツ新聞社様よりご提供いただきました。)

(記事の画像は、北海道日刊スポーツ新聞社様よりご提供いただきました。)

 昨日12月14日、プロ野球日本ハムの近藤健介 選手の札幌市内のご自宅に「ネバータイトハム」他、ホグレル Sシリーズ5台を設置させていただきました。

 また、本日15日、日刊スポーツ(北海道版)にて、”腰痛再発防止へストレッチ器具 自宅設置、「4割マシン」”と題して、取材記事が掲載されました。

 近藤選手は、今季6月に腰椎椎間板ヘルニアのため1軍を離脱し、徳島県内の病院で手術後、腰痛再発防止の秘密兵器として「ネバータイトハム」を使用。今季復帰は厳しいといわれている中、わずか3ヵ月半で1軍へ復帰(9月末)。近藤選手の打率は、腰椎椎間板ヘルニアの手術前の時点で、50試合に出場し、4割7厘。復帰後、最終的には全57試合出場で、4割1分3厘という高い打率をマークして今シーズンを終えました。

 「ネバータイトハム」は、腰痛の原因の1つとなる、もも裏(ハムストリングス)や臀部(お尻)の筋肉の柔軟性・弾力性を上げることを目的としているマシンで、しっかりと股関節の動きを出せるようになることで、腰痛再発を防ぐことが期待できます。

 今回、自宅に設置させていただいたマシンは、「ネバータイトハム」を含めた、ホグレルSシリーズ5台。マシン設置の後、弊社 モーションセラピスト 相原より、近藤選手へ、ホグレルトレーニングを指導させていただきました。
 近藤選手自宅での、ホグレルトレーニングの詳細については、別途、弊社ホームページや会報誌「ホグレルスタイル」で、ご紹介させていただきます。

(マシン設置後、弊社 技術組立部 石本と萩原が、近藤選手と記念撮影)

(マシン設置後、弊社 技術組立部 石本と萩原が、近藤選手と記念撮影)

(近藤選手自宅で、弊社 相原によるホグレルトレーニングの様子)

(近藤選手自宅で、弊社 相原によるホグレルトレーニングの様子)

ページトップへ